2017/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>



結城紬_逍遥 2017・春 本場結城紬・展示販売会

*日 時 :2016年3月3日(金)〜3月6日(月)
      12:00〜19:00 初日は14:00〜、最終日は17:00まで
      
*場 所 :LAPAN ET HALOT (ラパン・エ・アロ) 
       〒150−0001 東京都渋谷区神宮前5−44−2
       東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線
       表参道駅A1、B2出口より徒歩5分



 



※オープニングパーティ 4日(土) 17:00〜


リユース結城紬専門店「結布着屋」の展示販売会です。
カンボジアに拠点を移し、今季から青山での開催は春のみとなります。



今回は特別に全品半額、来場の方に粗品などもあるようです。




無地から絣、平織り・縮織り、単衣・袷と豊富なラインナップで
とくに現在では見られない凝った絣などがたくさんあるのもリユースの魅力です。
ぜひこの機会をお見逃しなく!

結布着屋       http://www.yufukiya.com/   

ラパン・エ・アロ    http://www.lapin-et.com/    



 



 






 



 



JUGEMテーマ:着物 きもの




本場結城紬振興セミナー〜本場結城紬の素晴らしさを未来へ〜

 

栃木県では、結城紬の産地の一つである小山市と共催して、本場結城紬の魅力を発信するとともに、

本場結城紬のブランディング化を図るため、「本場結城紬振興セミナー」を開催いたします。

 

1.日時  平成29年度1月21日(土) 14:00〜16:00 会場13:30

 

2.会場  小山市立生涯学習センター ホール(小山市中央町3-7-1 ロブレ6F)

 

 

3.主催  栃木県産業技術センター紬織物技術支援センター、小山市

 

4.参加者 一般消費者、産地関係者等 定員150 名(当日会場先着順)※入場無料

 

5.内容

(1)開会        14:00〜14:10

 

(2)セミナー(第1 部) 14:10〜14:50

  テーマ:未来をつむぐ本場結城紬

  講師:石田 節子氏(きものスタイリスト 衣裳らくや店主)

 

(3)セミナー(第2 部) 15:00〜15:40

  テーマ:本場結城紬のブランド戦略

  講師:田中 章雄氏(株式会社ブランド総合研究所 代表取締役社長)

 

(4)質疑応答      15:40〜16:00

 

(5)閉会        16:00

 

6.セミナーに関するお問い合わせ先

 ・栃木県産業技術センター紬織物技術支援センター(電話:0285-49-0009)

 ・小山市経済部工業振興課(電話:0285-22-9397)

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


茨城県繊維工業指導所では、毎年結城紬機織り技術者の人材育成を行っており
今年も平成29年度の研修生の募集が開始されます。 
見学が可能なので興味のある方は事前見学をおすすめします。(要予約)
詳しくは下記にお問い合わせください。


●応募期間 平成28年12月1日(木)から平成29年1月25日(水)まで


●募集人数 最大4名


●募募資格 県内在住もしくは県内に転入が可能な方
      研修終了後、結城紬産地の機織りに携われる方
      品行方正、心身共に健康な方


●研修期間 平成29年4月下旬から平成30年3月下旬までの約11か月間

      月曜から金曜日 9:00−17:00


●研修費用 受講料は無料 (材料費は負担)


●募集案内・応募書類掲載 http://www.kougise.pref.ibaraki.jp/seni/

●問い合わせ先 茨城県工業技術センター繊維工業指導所 紬技術部門
 〒307-0015 結城市鹿窪189 tel 0296-33-4154

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


重要無形文化財指定60周年記念 -日本の織りの宝もの-

第8回 本場結城紬展・新 arata


●日 時● 平成29年1月13日(金)〜15日(日)00 
      10:00〜18:00 最終日は17:00まで

●場 所● 警固神社 神徳殿

     〒810‐0001 福島市中央区天神2丁目2−20
     TEL 092‐771-8551 

★作品の展示・販売


★実演 
真綿掛け 糸つむぎ 絣くくり たたき染 地機織り



本場結城紬卸商協同組合 http://www.honba-yukitumugi.or.jp/index.htm

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


結城紬をあなたの手で 結城紬の魅力に触れる 地機体験

 

手つむぎ糸作り、地機織りを体験をしながら自分だけのオリジナル品が作れます。

☆国指定の伝統工芸士が丁寧に指導いたします。

 

【日 時】 平成29年 1月7日(土)〜 毎週土・日曜日

 

【場 所】 結城市伝統工芸館


 

【内 容】 要予約 電話にてご予約ください

●コースター(2機)  10cm×10cm  2時間程度 体験費1500円(税込)

 午前コース  9:00〜12:00

 午後コース 13:00〜16:00

 

●テーブルセンター(1機) 26cm×26cm 4時間程度 体験費4000円(税込)

 1日コース  9:00〜16:00  経験者限定

 

※作ったものは当日お持ち帰りが可能です

 

 

【お問合せ先】 

茨城県本場結城紬織物協同組合

〒307-0001 結城市結城3018‐1

TEL 0296‐32‐1108

 

営業時間 9:00〜17:00 水曜定休

 

 

以上チラシより転載

 

テーブルセンターはコースターやその他体験などで地機に慣れている方限定です。

完全に手つむぎ糸での体験は他にはないのでかなり貴重な機会です。

ぜひ体験してみてください。

 

 

テーブルセンターは経糸は生成り、緯糸は以下の色が準備されているようです。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの

 


 

今年は結いのおと、結い市、きものday結城、と市内イベントに参加させていただきました。

毎回顔を出してくれる方々、新しく興味を持ってくれた方々、通りすがりの方々など

たくさんの方に遊びに来ていただきました。

ありがとうございます。

 

それ以外にも市勢要覧の表紙、ギャラリーでの展示や出張ワークショップなどなど

新たな機会をいただき、いろいろとチャレンジもできました。

お世話になったみなさま、ほんとうにありがとうございました。

 

ではまた来年。

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


「スミ」というのは耳についている印のことで

6尺、8尺と機屋によってスミ付けの長さはいろいろです。

私はいつも6尺ごとに墨で印をつけています。墨での墨付けが好きなので。

 

そもそもは墨でつけるので「墨付け」と呼ばれますが

現在は墨以外にも様々な方法があって

やはりそれも機屋や地域によって違いがあると思います。

 

 

左はまだ下ごしらえの状態で、織り込むと右のようになります。

薄地だと墨の色がそのまま出ますが濃い地はほとんどわかりません。

 

 

 

そのほかに色糸をつなぐ、真綿をからめる、など。

 

 

 

 

3丈4尺織りあげるのは長い道のりなので

たまにスミが見えてくると進んでいる実感もあるし

糸量の確認もできるし、いいですね。

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


格子の着尺、糊抜きまですませてほんとうに完成です。

糊抜き前後で布の質感の違いがお分かりいただけるでしょうか。

 

薄紙に包まれた姿 いつみても清々しく美しいです。

 

 

 

前回オーダーのこあら色着尺とたまたま一緒に撮影させてもらう機会ありました!

 

 

それぞれ全く違ったテイストの結城紬

自由に着こなしてもらえると嬉しいです。

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


きものday結城 11月12日・13日

 

今年は同じ着物を帯のみ変えて二日間着ました

去年「カオス」と呼ばれた総柄の縮です → 

 

1日目

墨流しの名古屋帯

レース柄半襟は「モダン着物小物 梅屋」さんのものです

以前「井戸端・着物マーケット」でゆうどや伊勢丹での出店に

ご一緒させていただいていました

 

 

 

2日目

葡萄柄の袋帯

お気に入りの帯ですがなかなか登場機会がありません

帯が素敵だと結構ほめられました

 

 

 

 

きものday結城は結城紬を着て参加の方も多いですが縮を着ている方は少なく

珍しいデザインでもあるので今年も注目度は高かったです

デザインの豊富さはリユース縮ならではです

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


結い市 10月9日・10日

 

1日目

単衣+半幅二本

帽子やブーツがないとわりと着やすいコーディネートです

 

ヒビ割れのような個性的な柄の着物ですが無地っぽいせいか

いつもと比べて地味だと結構いわれました

 

 

 

 

 

2日目

フリルのブラウスにウールの単衣+木綿の帯

黒のロングプリーツスカートをはいています

足元はいつもの足袋ブーツ

 

 

 

 

今季はロングプリーツがトレンドとのことなので

また着ようと引っ張り出しておいたものを和装にも使ってみました

お気に入りのブローチがついた1日目の帽子もこのスカートも二十歳くらいの頃買いました

(怖い...)

 

 

ウールやシルクのニットやコートなどよく考えるとかなり長い間着ている服もあって

高級なものではなくても現在との質の違いを感じます

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの