2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


かし上げを織っているところです

 

これまでも何度も紹介していますがこの部分に合格証やその他証紙が貼られます


この画像の反物は古いものなので「重要無形文化財」が使われていますが

 

中央のこの「結」マーク部分は現在でも変わりありません

現在の証紙は卸商のサイトなどにでていますのでご存じない方は一度ご確認ください

 

 

結城紬をあまり見たことがない方は布だけで判断するのはかなり難しいと思うので

一般的に購入する場合はこの証紙が「本場結城紬」か否かの手掛かりになるわけですね

 

手つむぎ糸を地機で織ったものでもこの証紙がなければただの「結城紬」です


よく機械織りと手織りの違いについて質問も受けますが

たとえ無地だとしても糸の違いはものすごく大きな布の差を生みます

見た目にも全然違います

 

現在は機械織り→結城紬、手織り→本場結城紬のように使われているようにも感じるし

「結城紬」って便利な言葉ですよ

 

機械織りの石下結城紬というものもありますが

実際石下ですらないものも結構多いように見受けられます


ちなみに着心地体験などの着物は別として

街おこしやお土産に使われている小物のほとんどは市内で作られている結城紬とは別のものである

ということも頭の片隅に入れて置いてほしいです

生産者として

 


何を求めているかによっても「結城紬」は変化すると思うので

ぜひ信頼できるところで買ってください



 

 

 

 

 

 

(もちろんご相談にも乗ります)

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


結城紬の着尺オーダー、色々な質問があるので再度お知らせいたします
検討中の方もぜひ参考にしてください



【 製作予定着尺 】  無地・縞・格子3色まで 染色は化学染料のみ

            幅:耳内 1尺程度 長さ:3丈4尺(現行の本場結城紬と同じです)

【 着尺製作条件  】  経糸・緯糸ともに手つむぎ糸100%、地機で製織
 

【 織り上がり価格 】  サンプルなし 45万円
             サンプルあり 50万円 
           ※サンプルはデザイン料込み
            4色以上、複雑なデザイン、長さ・幅の追加などは別途料金がかかります
           ★製作工程を記録した画像データ、糊抜き、rico絣入り(希望者のみ)
            一般の着尺についている証紙はなにも付きません
            
            
【 製 作 期 間 】  製作開始から4ヶ月程度
             デザインや色決め、サンプル制作などの期間は除く



以前のオーダー詳細 → 
これまでに作った物 → 

希望の方には最後にオリジナルのワンポイント絣がはいります

絣の様子や製作工程などはこのブログのカテゴリ「結城紬のつくり方?」をご覧ください

 


 

疑問質問は下記までお願いいたします

 

rico トヤマ

sqxhh390@ybb.ne.jp

 

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


 

拡大鏡で見る布の様子。

 

糸目確認したり、本数確認したり

髪の毛やその他繊維がからんだら取り除いたり

とにかく肉眼では無理なので織りながら何度も見ます。

必需品。

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


「スミ」というのは耳についている印のことで

6尺、8尺と機屋によってスミ付けの長さはいろいろです。

私はいつも6尺ごとに墨で印をつけています。墨での墨付けが好きなので。

 

そもそもは墨でつけるので「墨付け」と呼ばれますが

現在は墨以外にも様々な方法があって

やはりそれも機屋や地域によって違いがあると思います。

 

 

左はまだ下ごしらえの状態で、織り込むと右のようになります。

薄地だと墨の色がそのまま出ますが濃い地はほとんどわかりません。

 

 

 

そのほかに色糸をつなぐ、真綿をからめる、など。

 

 

 

 

3丈4尺織りあげるのは長い道のりなので

たまにスミが見えてくると進んでいる実感もあるし

糸量の確認もできるし、いいですね。

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


格子の着尺、糊抜きまですませてほんとうに完成です。

糊抜き前後で布の質感の違いがお分かりいただけるでしょうか。

 

薄紙に包まれた姿 いつみても清々しく美しいです。

 

 

 

前回オーダーのこあら色着尺とたまたま一緒に撮影させてもらう機会ありました!

 

 

それぞれ全く違ったテイストの結城紬

自由に着こなしてもらえると嬉しいです。

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


オーダー結城紬やっと織りあがりました。

遠くから見たらただの格子ですがかなり細かく織り方を変えています。

 

これから両面整理してひとまず完成です。

糊抜きまですませてお渡しする時が本当の完成。

残った糸を綛あげまでして本当の本当の

仕立て着られたときが本当の本当のほん・・・。

 

これまでオーダーいただいた方は着姿まで見せていただく機会が多く

ほんとうにラッキーです。

 

↓のばして全長を測っているの図。

 

 

着尺オーダー現在受付中です。

絣は捺染のワンポイントをおまけで入れているだけなので

製作できるのは無地縞格子のみです。

これまで基本通りだったことは少ないので希望はとりあえず投げてみてください。

かなり前の記事ですが詳細はコチラで→ 

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


久しぶりにオーダー結城紬のご紹介。

初の格子オーダーでわりと好きなように作らせていただきました。

 

経糸は濃い緑とクリアな黄緑の組み合わせで4パターンの縞になっています。

緑×黄緑だけの配色だとちょっとハッキリした格子になってしまうので

緯糸は茶やカーキ、クリーム色なども混ぜて少し柔らかくしています。

 

 

完全にカジュアルな結城ではありますが

バキッとした格子ではないので気軽に楽しんでもらえると思います。

普段着でどんどん着てもらえるのがやっぱりいいですから。

 

 

夏は個人的に忙しかったり(言い訳)

カンボジア旅行に出かけたり(言い訳)

各イベントの準備・製作が忙しかったり(言い訳)で

今回ちょっと時間がかかっています。。。

 

これからまだイベント続くのですが今シーズンには着てもらえるように。

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの




藍染の機を織り終えました。
今回は5色使っていたので5丁杼。

比較用に一番手前に今回使用していない杼をおきましたが
杼自体細さや形、もちろん色差もあるし個体差あり過ぎであまり比較の意味ないです。

画像ではわかりずらいですが杼も各棒も青く染まっています。
織っていると糸にそんなに触れなくても手が青くなるので
機を下りてから手を洗って泡が青くなるのを地味に楽しんでいました。

なのでよく触る腰板の紐も青。


かけ糸は織りだしてすぐにグラデーション。





通常オーダー品は化学染料なので染色もすべて行っていますが
藍染も希望があればお受けします。

もちろんその場合染めは紺屋さんにお願いしますよ。




JUGEMテーマ:着物 きもの




こあら色第二弾、糊抜きも完了しました!
第二弾とはいっても一枚目とはなにも同じではありません
タテヨコの染料の配合や濃度、縞の作り、何もかもかえました
それでもこあら色

今回は糊抜き作業を見学させてもらいませんでしたが
お願いしに行った時にはたくさんの反物が張られていていい光景でした

糊抜きまですませてやっと一反完了!の一区切りです



着尺オーダー、年内には仕上がりませんが随時受け付けはしています
ご興味のある方どうぞよろしく



JUGEMテーマ:着物 きもの


これまでに作ったものを(画像がある分だけ)まとめて紹介します

まずは人生初の着尺
黄色・カーキ・茶を組み合わせた半分づつの縞になっています
(以前は結城市役所の入口に展示されていましたが現在はどうでしょう)



つづいて「デニム風結城紬」
一応経糸の色は絣括りで作ってあります



通常白一色の耳にも赤いラインをいれてデニムの赤耳風
単衣に仕立てると裾や袖からチラリと見えます



画像は「su que ceな日々。」からお借りしました→ 


そして記念すべきオーダー第1弾!
「お気に入りのワンピースと同じデザインの結城紬を」という発想も大好きです
オレンジの色を好みのものにするのに何度もサンプル作りをしました



以前テレビの出演の際にお借りして着せたものです



オーダー2枚目
鮮やかな牡丹色を深い緑で抑えたとにかく色にこだわった他にない色合いの一枚です
八掛も萌葱というか緑青というかなんとも素敵な色合いのものを合わせていらっしゃいました




そして「こあら色」
無地のように見えて細い縞なので色に奥行があります
無地感覚で着られて色も上品なので「こあら色」実はかなり人気です
現在も第2弾を製作中




ランダム縞
繰り返しなしの本当のランダム 
緑の濃淡に鮮やかな水色がアクセントです
(糸量計算しなきゃいけないのでもちろん設計図はあります)




そして通称「ミク色結城紬」
これも無地に見えて縞 
オーダー主の”和のパーソナルカラー講師” 渾身のブルーです
従来の結城紬ではみかけない色なので着こなしが楽しみです



ここからオーダー着尺にはオリジナルの絣が入っています
こちらはricoのハサミ紋




最後はまだ記憶に新しい「漫才師のスーツ」
このテーマ 聞いた時からワクワクしました
何度も縞とデザインをやり直してのこの個性派縞です
やっぱり一番のポイントはイメージを左右するメインの緑の色味で
タテヨコそれぞれ色々試織した結果予定通り”落ち着いてない緑”に決定しました
実験的な試みも多く印象に残っている一枚です
こちらも耳をトリコロールにしたので単衣仕立てです
和裁士さんの提案で絣もいかした仕立てにしてあります とにかくカッコイイ!



縞と色のイメージに合わせて絣は月桂樹
真っ白なスニーカーでの着こなしは最高にクールでした







JUGEMテーマ:着物 きもの