2018/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


浜松に行ったので「スズキ歴史館」を見学してきました。

無料で事前予約制です。

 

 

創業が自動織機の開発なだけあってスタートから織機がたくさん展示されています。

 

 

 

たまたま普段は原始的な地機を織っているので動力の導入がいかに画期的な出来事か理解できます

格子まで織れるようになったときの歓喜ってどんな感じだったのでしょうか。

 

 

もちろん現代のSUZUKIを代表するオートバイや車の展示の方がメインで

原動機付自転車から二輪車の進化、四輪車の開発・進化と

とにかく実物の展示量が多く、内容も多岐に渡っていました。

 

 

あまり時間がなかったのであとは中田島砂丘だけ。

とりあえず海の見えるところまでは歩きました。

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


現在小山市立博物館で企画展「糸を布をめぐる手しごとの旅」が開催中です。

 

所沢市立文化財保護委員 宮本八惠子氏による記念講演

「女の手しごと〜布を成仏させるまで〜」に参加してきました。

 

宮本氏とても魅力的な人で話や講演内容もかなり興味深く面白いものでした。

ある茶農家に残された布・衣服をもとに当時の暮らしをひも解きながら

現代の生活を鑑みるような内容でしたが

内容は布以外にも多岐にわたっていました。

火山灰土の痩せた土地への入植とその地割がとくに面白かったです。

 

興味のある方は宮本さんの著書などご覧になってみてください。

 

画像左から真綿、生糸(精練後・前)、フトリ(精練後・前)

 

繭の表面のかたい糸であるフトリはほんとうに麻糸のようでした。

 

展示は間々田紐や結城紬など栃木県の工芸品もありますが

衣服系の展示数が多くそれがとても素晴らしくカッコいいものが多いです。

 

200円(車屋美術館の半券割引で100円)で見られるのすごいですよ。

半券もカッコいい。

 

 

第71回企画展「糸とを布をめぐるてしごとの旅」

 

展示構成

1.手しごとが語るもの

2.家の手しごと 糸いろいろ 布を織る・縫う

3.手しごとを旅する 小山が誇る手しごと〜結城紬と間々田紐 各地の手しごと

 

●開催期間  平成30年11月3日(金・祝)〜12月16日(日)

●開館時間  午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)

●休館日    毎週月曜日(祝祭日を除く),毎月第4金曜日(館内整理日),祝日の翌日

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


きものday結城

 

染色組合の方々がラーメン屋台を出しています

ランチついでに稲葉紺屋さんの作業場見学もさせてもらいました

 

はじめてではないですがやはり何度も見たいこの空間

特にこの脱水機がカッコよくて好きです

 

 

 

 

中央の板は絣のたたき台

絣糸の綛を棒につけてたたきこむことで色を浸透させるのです

たたき台のあるスペースは半分外のような仕様になっている紺屋が多いので個人的に好きな空間です

 

結城の糸と藍染めについてなど紺屋さんから直接色々な話も聞けてよかったです

 

ラーメンおいしかったです 

 

 

 

この澤屋の2階に蛍光シルクで織られた着物が展示してあります

 

 

「つむぎの館クエスト」と題した館内を楽しみながら謎解きをするイベントも開催されています

石下と結城の違いなども題材になっていてなかなかリアルに結城紬を学べる内容でした

 

ほかにも小物販売や飲食店など様々出店されていますし

ワークショップ数か所で開催されているようです

 

詳しくはいつものわかりずらいマップをご参照ください

 

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


今年もきものday結城はじまりました

出店はしていないので初めて一般客として自由に参加しました

 

今回は駅前の情報センターでなくこの新しい公民館を中心に展示やイベントが開催されています

 

はいってすぐは「茨城県産業技術イノベーションセンター繊維高分子研究所」による

これまでの研究成果や結城紬の作品展示

機織り研修をしている機関でもあるので研修生のつくった反物も多いです

わたしが生まれて初めて作った着尺も今回展示されています

どうぞよろしく

 

蛍光シルクは以前もお知らせしたことがありますが実際に着物に仕立てられたものが

結城澤屋(奥順)の2階に展示されています

真っ暗な部屋で蛍光シルクの蛍光具合を堪能できますのでぜひ行ってみてください

わかりやすい案内は出ていませんでしたがどなたでも大丈夫です

 

 

さらに本場結城紬作品展と結城紬体験フェア

 

機織り・糸とりとも興味を持っている方は多いです

現在は糸とり後継者も広く募集していますが、仕事ととらえて、となるとどうでしょう...

 

 

 

そして最後はファッションショーと抽選会

結城紬だけでなく丹後縮緬や足利銘仙など着物もコーディネートの幅も広く大盛況でした

 

明日も天気がいいようです参加の方は楽しんでください

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


「真壁 ㄓㄣㄅㄧˋ Makabe」見てきました

真壁で毎年開催されている筑波大学大学院生の現代美術展です

 

花の井はちょっと離れていますが展示を見ながら

コンパクトに真壁の街あるきが楽しめます

 

旧郵便局や真壁伝承館や現在使われいない商店など

文化財のものもそうではないものも面白い建物や空間が多いです

 

12月2日までなのでぜひ行ってみてください

 

 

 

 

「真壁 ㄓㄣㄅㄧˋ Makabe」

https://makabeart.wordpress.com/


むすぶしごとLAB.「結城の価値磨き方作戦会議◆

結城紬に関して外の人の意見を聞ける機会なので参加してきました

 

内容に関してはLAB.のサイトなどをみていただくとして…

奥順代表所有の80年もの?の結城紬が見られたのがよかったです

 

シンプルな布に見えますが絣や撚り糸が効いていてデザインも凝っています

 

画像で伝わらないかもしれませんが布もかなりしなやかでした

こういう結城の布の変化ってどのくらい伝わってるのかなー

という漠然とした疑問も浮かびつつトークイベントも終了

 


様々なジャンルの著名クリエイターが講師として参加している支援企画なので

結城市での創業などに興味のある方は参加してみてください

 

http://musubulab.com/

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


 

裂き織り展たくさん写真をとったのでもう少し紹介します

 

結城紬に裂き織りの帯

帯の裏側の銘仙もとてもかわいいです

着物も帯も自作ってなかなかすごいことですね

 

 

織り作品のほかにはノッティングのマットもありました

グラデーションがとてもきれいでクオリティも高かったです

さすが先生!

 

この日は徒歩圏内のシロンスでランチしました

建物の雰囲気 素敵です

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


毎年恒例ricoメンバーが主催の裂き織り教室グループ展見てきました

今年も坂長の広い蔵を使用しての開催です

 

今年の主催者作品はコチラの帯です

自作の結城紬とも雰囲気ぴったり

 

フライヤーに使われていた布も展示されていました

七五三の着物ということでデザインや色使いも可愛いし

裂き織りのアイデアもいろいろあって素敵ですね


卓上織機での織り体験や布を使ったワークショップもありました

グループが多いので展示品も数種類とも豊富です

ベテランの方はいろいろなことにチャレンジされているようです

 

 

この大きなタペストリー?大島紬のベタ亀甲でできています

経糸の緑が効いているので裂き織りにしてもベタ亀甲感は残っていますね

カッコいいです

 

 

来場者の方も多く賑わっていました

坂東市で開催されている教室ですのでお近くの方は参加してみてください

 

 

●日程● 2017.10.25(木)〜10.28(日) 入場無料

●時間● 10:00〜17:00 初日は13:00から、最終日は16:00まで

●場所● お休み処 坂長「石蔵」 http://sakacho.com/
     〒306-0033 茨城県古河市中央町3-1-39
     0280-22-2781  
 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


小山駅前ロブレ1階にある「おやま本場結城紬クラフト館」で

今年の新作結城紬の展示が行われています。

初代小山氏・小山政光の妻寒川尼をイメージした縞や絣の4枚で

繭もすべて小山産の結城紬です。

 

 

体験用の手紡糸ではなく

 

 

岩下志麻さん着用の結城紬

 

 

 

クラフト館ではこの展示だけでなく

素材や作業のパネル展示、糸取りや地機織りの見学・体験

結城紬レンタル(有料)、各種ワークショップの小物の販売など

内容も充実しています。

駅前でアクセスしやすいのでぜひ訪れてみてください。

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


下野市立下野風土記の丘資料館で機織り埴輪公開中(無料)です

 

久々にまたみてきました

右下にあるのは髷と腕です

 

 

色彩復元

草間彌生にトライバル感を足した感じ?

 

入口には地機も展示されています

普段使いのものが資料として展示されるのは違和感ありますが

それにももう慣れました

 

 

この資料館は天平の花まつりが開催される天平の丘公園花広場の隣です

まつり期間中 屋台売店がズラーッと並び 酒・焼き鳥・歌謡ショーと

約1ヶ月は毎日全力で花見をすることでも有名?なあの天平の丘公園花広場です

 

 

 

最近デリカフェの10picnictables(木曜定休)もできたので食事もできます

隣の民俗歴史資料館をイートインスペースとして自由に利用できるのも良いですね

 

 

 

公園の中には宝くじが当たるらしい”銭成石の鳴き龍”のある古墳や蓮池などもあって

桜の季節以外にも地味に森林散策やピクニックなどを楽しめます

これからは蓮がいいですね

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの