2019/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


「真壁 ㄓㄣㄅㄧˋ Makabe」見てきました

真壁で毎年開催されている筑波大学大学院生の現代美術展です

 

花の井はちょっと離れていますが展示を見ながら

コンパクトに真壁の街あるきが楽しめます

 

旧郵便局や真壁伝承館や現在使われいない商店など

文化財のものもそうではないものも面白い建物や空間が多いです

 

12月2日までなのでぜひ行ってみてください

 

 

 

 

「真壁 ㄓㄣㄅㄧˋ Makabe」

https://makabeart.wordpress.com/


むすぶしごとLAB.「結城の価値磨き方作戦会議◆

結城紬に関して外の人の意見を聞ける機会なので参加してきました

 

内容に関してはLAB.のサイトなどをみていただくとして…

奥順代表所有の80年もの?の結城紬が見られたのがよかったです

 

シンプルな布に見えますが絣や撚り糸が効いていてデザインも凝っています

 

画像で伝わらないかもしれませんが布もかなりしなやかでした

こういう結城の布の変化ってどのくらい伝わってるのかなー

という漠然とした疑問も浮かびつつトークイベントも終了

 


様々なジャンルの著名クリエイターが講師として参加している支援企画なので

結城市での創業などに興味のある方は参加してみてください

 

http://musubulab.com/

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


 

裂き織り展たくさん写真をとったのでもう少し紹介します

 

結城紬に裂き織りの帯

帯の裏側の銘仙もとてもかわいいです

着物も帯も自作ってなかなかすごいことですね

 

 

織り作品のほかにはノッティングのマットもありました

グラデーションがとてもきれいでクオリティも高かったです

さすが先生!

 

この日は徒歩圏内のシロンスでランチしました

建物の雰囲気 素敵です

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


毎年恒例ricoメンバーが主催の裂き織り教室グループ展見てきました

今年も坂長の広い蔵を使用しての開催です

 

今年の主催者作品はコチラの帯です

自作の結城紬とも雰囲気ぴったり

 

フライヤーに使われていた布も展示されていました

七五三の着物ということでデザインや色使いも可愛いし

裂き織りのアイデアもいろいろあって素敵ですね


卓上織機での織り体験や布を使ったワークショップもありました

グループが多いので展示品も数種類とも豊富です

ベテランの方はいろいろなことにチャレンジされているようです

 

 

この大きなタペストリー?大島紬のベタ亀甲でできています

経糸の緑が効いているので裂き織りにしてもベタ亀甲感は残っていますね

カッコいいです

 

 

来場者の方も多く賑わっていました

坂東市で開催されている教室ですのでお近くの方は参加してみてください

 

 

●日程● 2017.10.25(木)〜10.28(日) 入場無料

●時間● 10:00〜17:00 初日は13:00から、最終日は16:00まで

●場所● お休み処 坂長「石蔵」 http://sakacho.com/
     〒306-0033 茨城県古河市中央町3-1-39
     0280-22-2781  
 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


小山駅前ロブレ1階にある「おやま本場結城紬クラフト館」で

今年の新作結城紬の展示が行われています。

初代小山氏・小山政光の妻寒川尼をイメージした縞や絣の4枚で

繭もすべて小山産の結城紬です。

 

 

体験用の手紡糸ではなく

 

 

岩下志麻さん着用の結城紬

 

 

 

クラフト館ではこの展示だけでなく

素材や作業のパネル展示、糸取りや地機織りの見学・体験

結城紬レンタル(有料)、各種ワークショップの小物の販売など

内容も充実しています。

駅前でアクセスしやすいのでぜひ訪れてみてください。

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


下野市立下野風土記の丘資料館で機織り埴輪公開中(無料)です

 

久々にまたみてきました

右下にあるのは髷と腕です

 

 

色彩復元

草間彌生にトライバル感を足した感じ?

 

入口には地機も展示されています

普段使いのものが資料として展示されるのは違和感ありますが

それにももう慣れました

 

 

この資料館は天平の花まつりが開催される天平の丘公園花広場の隣です

まつり期間中 屋台売店がズラーッと並び 酒・焼き鳥・歌謡ショーと

約1ヶ月は毎日全力で花見をすることでも有名?なあの天平の丘公園花広場です

 

 

 

最近デリカフェの10picnictables(木曜定休)もできたので食事もできます

隣の民俗歴史資料館をイートインスペースとして自由に利用できるのも良いですね

 

 

 

公園の中には宝くじが当たるらしい”銭成石の鳴き龍”のある古墳や蓮池などもあって

桜の季節以外にも地味に森林散策やピクニックなどを楽しめます

これからは蓮がいいですね

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


日本民藝館で「柚木沙弥郎の染色 もようと色彩」を見てきました

 

門から溢れて入場待ちの行列ができていたのでイベント日なのか⁉と思いましたが

ただ混んでいるだけでした

いつも空いている駐車場も常に1・2台待ち

 

日曜美術館で紹介されたようで以降そのような状態らしいです

 

 

館内は空間がゆったりしていますからぎゅうぎゅうってこともなく

それなりのペースで鑑賞できましたが

あんなに混んでいる民藝館 はじめてみました

 

民藝館西館

この日は公開の日ではありませんでした

 

 

6月24日までです

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


栃木県立博物館で開催中の「とちぎの技・匠展」みてきました

 

結城紬も大きく扱われていて着物・反物・道具など展示数も多かったです

地機は染織だけでなく木工の分野でも紹介されています

 

 

100亀甲と蚊絣が一緒になったサンプル

(拡大してご覧ください)

 

竹工と野州てんまり

建築物漆塗・彩色に関する道具などの展示もよかったです

 

 

チラシなどに明記されていませんが5月21日以降展示替えがあるようです

毎週日曜には手仕事実演もあります

それ以外にもイベントがあるので詳細はご確認ください

 

学芸員のとっておき講座「ユネスコ無形文化遺産結城紬の魅力を語る」
・日時 平成30年5月20日(日)13:30〜15:00

・場所 研修室(定員40名)要申込

 

「とちぎの技・匠」展

栃木県立博物館にて6月17日まで

 

おまけ

公式ゆるキャラ みみずく土偶の「みーたん」

好きな食べ物:栃餅

趣味:編布を編むこと

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


小山市立博物館で開催中の

「碓井要作−田中正造とともに歩んだ蚕種家−展」見てきました

 

蚕種の道具

 

蚕種を産み付ける種紙、種紙を郵送するための管

孵化の時期を調整できる冷蔵保存の案内ホルマリン広告など

 

蚕種家としてだけでなく政治家としても田中正造とともに地元の発展のために

尽力し続けた様子も紹介されています

 

 

博物館の常設展にはもちろん結城紬に関する展示もあります

 

 

 

エントランスホールで渡良瀬遊水地の生き物の展示もありました

 

 

碓井要作−田中正造とともに歩んだ蚕種家−展

小山市立博物館にて5月27日まで

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


益子の陶器市と合わせて日下田藍染工房も見学してきました

何度も行ってはいますが久しぶりです

 

 

 

奥の工房の様子

 

この時は綿の種を無料で配布していました

 

 

 

連休も陶器市も残り少ないですが訪れてみてください

 

 

日下田藍染工房

8:30〜17:00 月曜定休

 

JUGEMテーマ:着物 きもの