2017/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>


「スミ」というのは耳についている印のことで

6尺、8尺と機屋によってスミ付けの長さはいろいろです。

私はいつも6尺ごとに墨で印をつけています。墨での墨付けが好きなので。

 

そもそもは墨でつけるので「墨付け」と呼ばれますが

現在は墨以外にも様々な方法があって

やはりそれも機屋や地域によって違いがあると思います。

 

 

左はまだ下ごしらえの状態で、織り込むと右のようになります。

薄地だと墨の色がそのまま出ますが濃い地はほとんどわかりません。

 

 

 

そのほかに色糸をつなぐ、真綿をからめる、など。

 

 

 

 

3丈4尺織りあげるのは長い道のりなので

たまにスミが見えてくると進んでいる実感もあるし

糸量の確認もできるし、いいですね。

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


スポンサーサイト


comment









trackback