2019/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


知人が「あなたが好きそうな本じゃない?」と教えてくれました。
 


真綿詣で 財団法人日本真綿協会 2008年発行

「現代日本に伝わる真綿にゆかりの祭礼、神事、ご利益などを紹介している」本です。

奈良の春日大社、京都の宝鏡寺・恵光寺、熊本の阿蘇神社などが紹介されています。

知人がかわいい〜、といっていたのは、
東京の大宮八幡宮の重陽の節句の菊被綿(きくのきせわた)という行事。
「九月八日の夜、菊に真綿をかぶせ、翌朝、露に濡れ、
菊花が香る真綿で肌をぬぐい、長寿を願う」のだそうです。

写真を見るとその菊にかぶせる真綿が
赤・黄・白の三色の小さな帽子みたいになっていて、
さらその上には小さい真綿が蕊のように
赤には白、黄には赤、白には黄というように乗っています。
そして赤い真綿は黄色の菊、黄は白菊、白は赤い菊を覆います。
それで一本の花で三色揃うようになっているんだそうです。
その写真が本当にかわいいのでした。

たいていの方はご存知だと思いますけど、
真綿というのは、蚕さんが作った繭を煮て引き延ばしたものです。
つまり、「絹」なんですけど、
恥ずかしながら私はこの世界に入るまで真綿は「綿(めん)」だと思ってました

Amazonなどで検索しても出てこないので、
あまり一般に流通している本ではないのかも知れません。
結城市の図書館にはありますが、
こちらへ来られないけどどうしてもその本が見たい!という方は、
国立国会図書館にはありますから
地元の図書館で申し込めば図書館間貸出サービスが受けられるかも、です。


スポンサーサイト


comment









trackback