2019/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


笠間の陶芸美術館に行ってきました

 

現在 日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念の
「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピアコレクション・カッコネン」

マリメッコ・スピリッツ Finland Meets Japan」

が開催中です

 

マリメッコの方は撮影可能なので撮ってみました

メインの展示の方もフィンランド陶芸の成り立ちやデザインの変遷などが

代表的な作家別に紹介されていてわかりやすいです

 

 

マリメッコのファブリックを使った茶室「真理庵」

5/3・4は実際に茶会が開かれるようです

 

平日でも人がいて

「フィンランド」や「マリメッコ」の人気を感じました

7月1日(日)までなのでぜひ行ってみてください

 

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


みなさま今年もよろしくお願いいたします。

 

お正月の結城もアチコチで味わってきました。

コチラ↓は例年1月2日にランチはじめしているcafe la famille。

 

 

カフェうぐいすでは「新春のアフタヌーンティー」

 

 

 

今年は秋のオープン以外に小物の展示販売の機会をいただいていますので

そちらの詳細はまたのちほどお知らせいたします。

 

それではまた今年もよろしくお願いいたします!

 


どうもトヤマです

この度試験に合格したので伝統工芸士になりました

特に変化はありませんがどうぞよろしく

 

今年も数少ないオープン日に遊びに来てくれたみなさまありがとうございました

来年はまた新たな一歩や変化があるようなないような...

 

どうぞ来年もまたよろしくお願いいたします!

 

ではまた

 

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


結城蔵美館で開催中の「今・昔 結城紬 ものがたり」見てきました

実は3回目

 

展示物が一部変更されていました

 

 

下の2枚 無地にしか見えませんがベタの絣です

200と128の蚊絣

 

200亀甲は現在生産されていませんし

160-100-808亀甲が主流なので128という単位も貴重です

 

サイズがわかりやすいようにハガキと比べてみました

(拡大してご覧ください)

 

 

 

 

 

「今・昔 結城紬 ものがたり」

期間: 11月3日(金)〜29日(水) 木曜休館

時間: 9:00〜17:00 最終日は15:00まで

場所: 結城蔵美館 入場無料

 

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


現在しもだて美術館でアルフォンス・ミュシャ展が開催中です。

ポスターや挿絵、ポストカードなどが約400点展示されています。

館内撮影可能で、インスタ用?のなりきりコーナーもありました。

 

 

 

美術館の入館料で板谷波山記念館も観覧できます。

なのでかなり久々に行ってみました。

 

生家・作品展示棟・工房を再現した展示棟にわかれています。

 

 

 

笠間陶芸美術館にも波山のコーナーがあるのでこれまで何度も目にして

造形の美しさは感じていましたが

ここでは器以外に筆洗や帯留なども見られます。

 

工房の再現では瓶や窯、道具が展示されています。

 

 

蹴りロクロやその他備品の使い込まれた様子がとてもカッコいいです。

 

 

結城紬を着こなす波山の写真。

格子の長着に無地の袴、そして網代の羽織、カッコいいですね〜。

 

親類に結城紬の問屋がいたそうです。

(拡大してご覧ください)

 

 

ミュシャ展は11月26日までですが波山記念館は常設ですので

下館付近を通過するときにでも一度行ってみてください。

きものday結城のついでにもどうぞ。

 

 

板谷波山記念館

●開館時間 10:00〜16:00(入場15:30まで)

●休館日  毎週月曜・年末年始

●入館料  200円 高校生以下無料

●所在地  筑西市田町甲866‐1

      0296‐25‐3830 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


以前お知らせした「今・昔 結城紬ものがたり」3日からはじまりました。

 

昭和35・36年製作のものとここ数年で作られたものが中心です。

 

男物は無地にしか見えませんがベタ十字の着物に縞の羽織でカッコいいです。

 

古いものはさすがに手の込んだ総柄がほとんど、最近の物はデザインが新しめの飛び柄です。

左:100亀甲総柄 最盛期に多い平安絵巻のような柄

右:160亀甲 「ノーブル・カード」と題した飛び絣

 

 

 

 

着物反物とも展示数は割と多く、とくに反物はベタ絣や総柄

 

左:ベタ亀甲80・120・160       右:蚊絣100・160・200

(拡大してご覧ください)

 

 

縮のベタ絣や128亀甲など珍しいものもあります。

今月いっぱい開催なのでぜひ実物を見に行ってみてください。

 

来週はきものday結城もあります。

 

 

 

「今・昔 結城紬 ものがたり」

期間: 11月3日(金)〜29日(水) 木曜休館

時間: 9:00〜17:00 最終日は15:00まで

場所: 結城蔵美館 入場無料

 

 

 


産地見学、機屋につづいて巻き屋さん

 

機巻きの様子

 

 

 

竹筬しか使わないとのことでした

手入れされてつやがあってしなやかな竹筬がたくさんありました

 

 

(一応柄はぼかしています)

反数が多いので機巻きも自動です 

手紡糸は紺屋で一度つければ何度も糊付けを重ねなくてもスムーズに巻けるようです

 

とはいえ部分的に糸をくくって絣やテンションを微整しながらの作業

無駄がなくカッコいいです

道具も仕事をしやすいように自作した物もあり参考になりました

 

 

大きくは同じ工程ですがかなり効率化していることがよくわかります

それができるのも手紡糸のおかげ、糸の特性に尽きます

手つむぎ糸ではこんな風にはいきません

 

今回は機巻きを見学させてもらいましたが巻き屋さんは筬通しなどの下拵えも請け負います

産地に唯一残る巻き屋さんだそうです

 

後継者は各職種募集しているようですが結城のように研修制度などはありません

やりながら覚える、ということですね

 

いずれも生業になるものではないと思いますが

今後こういった見学の機会があればコチラでもお知らせします

 

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


先日石下の産地見学に行きました

 

石下というのは茨城県常総市にる地域で一般的に石下結城紬と呼ばれる

機械織りの織物の産地です

 

結城紬として流通しているストールや小物に使われる布なども

この地域で生産されているものです

 

今回は捺染工場も持つ最も大きな機屋さんと唯一の巻き屋さんを見学させてもらいました

まずは機屋さん

 

総柄の型紙(左)と亀甲の型紙(右)

一本ずつの線を九九私たちから見ると亀甲の型というのはとても新鮮で面白いです

 

もちろん捺染の絣だけでなくくくったりすることもあるそうです

無地縞など絣のないものや少ないものの生産の割合が高くなっていて

型彫りの職人さんは現在産地には80代の方が残るのみ

紺屋さんも一件だそうです

 

 

緯糸の絣を作る道具です

パイプのようなところにインクを入れると筒から染み出してきてそれを刷り込むのだそうです

残念ながら作業のタイミングでなかったので実際の作業の様子は見れませんでした

 

 

そして機織り

これはストールです

 

 

機場ではたくさんの自動織機があって何人もの人が働いていました

帯・着尺・ストールなど様々です

 

機織りをする人はつねに募集中だそう

この自動織機を家において出機をしている方も多いようですよ

 

手織りよりいろんな可能性がありますね

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


ricoのメンバーが主催する裂き織り教室のグループ展見てきました。

 

 

今年は展示会開始5周年記念で特別に会場もどーんと大きくなりました。

柿のような色の紬が雰囲気ともよく合っています。

帯はこの着物に合わせて展示用に織った裂き織りだそうです。

 

 

特別展示ということで裂き織りにこだわらず様々な糸や素材を使った織物・小物など

ほんとうにたくさん展示されています。

裂き織りだけでなく染めから始められる方などもいて力作揃いです。

 

裂き織り体験はもちろん、ぐるぐるハンガー&ふりふりコースターなど

気軽に楽しめるワークショップもあります。

日曜までの開催ですので立ち寄ってみてください。

 

 

 

●日程● 2017.10.26(木)〜10.29(日) 入場無料

●時間● 10:00〜17:00 初日は13:00から、最終日は16:00まで

●場所● お休み処 坂長「石蔵」 http://sakacho.com/
     〒306-0033 茨城県古河市中央町3-1-39
     0280-22-2781  

 

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの


栃木県産業技術センター紬織物技術支援センターで開催された

草木工房 山崎和樹氏の講習会に参加してきました。

 

草木染の歴史や染色技法などをサンプルや実際の作業画像、色素の構造式なども用いて

お話しされました。

 

 

 

 

同センターは栃木県の機織り伝習生の研修施設でもあるので見学などもできます。

結城紬の小物も結城紬も売っています。

 

毎年同時期に染織に関する講習会があるので気になる方は

ぜひチェックしてください。

 

 

 

JUGEMテーマ:着物 きもの